楽天マガジン読み放題月額380円 31日間は0円! >>

イギリス英語 – 地下鉄や電車利用時に知っておきたい単語47選

イギリス英単語_電車編イギリス旅行

イギリスに旅行に行くのだけど、地下鉄や電車のチケットを購入する時に覚えていた方がいいイギリス特有の単語とかってあるのかな?


こんな質問にお答えします。

この記事は、イギリスで地下鉄や電車を利用する人のために、

  • イギリスの電車の切符の種類と呼び方
  • よく見聞きするイギリス特有の単語
  • 電車の席に関する単語

といったイギリス英語を紹介します。

スポンサーリンク

イギリス英語 – 地下鉄・電車に関する単語

切符やトラベルパス等の購入をアプリやネットでする方が増えています。

日本でアメリカ英語を習った日本人にはイギリスで使う単語に馴染みがありません。イギリスが初めての人はあらかじめ重要単語を確認しておくと切符の購入も移動もスムーズですよ!

Oyster(オイスターカード)
オイスターカード

購入前に覚えておきたい – イギリスの切符の種類と言い方

Underground  / Tube「地下鉄」
イギリスでは Underground (アンダーグラウンド)またはTube(ティーブ)と呼びます。

Oyster card「オイスターカード」
日本のSuicaやPasmoのようなチャージ型のトラベルカードのこと。ロンドンの多くの交通機関で利用できて、バスや水上バスにも利用可能。

Top-up「トップアップ」
このオイスターカードに料金をチャージすることを”トップアップ”すると言います。マシンを利用します。

Where can I top-up my Oyster card?
「どこでオイスターカードをチャージできますか?」

Ticket machine「チケット購入マシン
チャージもできる。

Ticket gates「改札」

Ticket office /ticket window
「切符売り場」

イギリス の電車_チケット

Singe ticket「片道チケット」
Return ticket「往復チケット」

「ロンドンまでの往復チケット」は
A return ticket to London

「ロンドンまでの片道チケットを2人分」なら
Two single tickets to London

通常は片道をそれぞれ購入するよりは往復で購入した方が安いです。(例外もあるの)


Day Return「日帰り往復チケット」
One day returnとも言う。

First / Standard「1st クラス」と「スタンダードクラス」Standardは普通車。


イギリスの鉄道は基本的に以下の
3種類のチケットタイプがあります。

*Advance, Off-PeakとAnytime 

イギリスの電車の切符の購入の仕方

Advanceアドバンス」
事前に購入、前売りの Single チケットの呼び方。出発日の約12週間前から購入できるけれど往復 (Return)では購入できません。

あらかじめ出発日が分かっているならなるべく早くAdvanceで購入するのが一番お得。


Off-Peak「オフピーク」
朝夕のラッシュアワーなど混雑時を避けた時間帯の料金。時間帯はアプリに時間を入れて確認すれば良い。

Off-Peak Return ticket の帰りの電車はOff-Peakであればどれを乗ってもOK。


Anytime 「エニータイム」
縛りのない最もフレキシブルなタイプのチケット。どの電車でも乗れるけれどそれだけに料金はかなり高め。

・Anytime Day
・Anytime Single
・Anytime Return(5日以内ならいつでもOK)


Season「シーズン」
シーズン・チケットは定期券。旅行者でも同じ区間を何回も往復するのであれば割安になるので、1週間〜3か月滞在する場合は料金を調べて購入を検討した方が良い。

イギリスの電車利用時によく見聞きする単語

departure「出発」

arrival「到着」

railway station駅」
アメリカはTrain station

platform「駅のホーム」

train fare「電車の料金・運賃」

Outbound journey「往路」
Inbound journey
復路」
Return journey「復路」

Queu「列(キュー)」
「列に並ぶ」という動詞としても使われる。アメリカはline

席に関する単語

coach /car「客車」
quiet coach「静寂車両」
列車の一部には携帯電話や大声禁止の”静かな車両”がある電車があり。

forwards「進行方向の前向き」

backwards「進行方向の後ろ向き」

window「窓際」

aisle「通路側(アイル)」

table
「(テーブルをはさんで)向かい合った席」

Individual「普通の席」

No preference「(予約時に)何の指定もなし」

イギリス の電車

available「入手(購入)が可能な」
Limited availability (数が残り少ないこと)

terminal station「終着駅」

terminated「終点」
This train is terminated here のアナウンスがあったらそこは終点です。

duration「所要時間」

good service「通常通り・時間通りに運行されている」

suspended
「運転見合わせ・不通」
事故や何かで動いていない場合は xxx train service is suspended

delay「遅延」
minordelay は “多少”の遅延

engineering work
「エンジニアリングワーク」
ロンドンではしょっちゅうある工事。ロンドンの地下鉄は恐ろしく古いから頻繁に工事が必要と言っていた。週末が多い。

Mind the gap”
「マインド・ザ・ギャップ」
アナウンス「電車とホームの間の隙間に注意」

イギリスの電車でよくきくフレーズ
“Mind the gap”

enquiries「問い合わせ」
Inquiriesとも言う

discount rate「割引率」

disabled「身体的な障害のある」

Lost Property遺失物預かり所」
アメリカならLost and found

Lift「エレベーター」
elevator はアメリカ英語

News agent「 ニュースエージェント」
新聞や雑誌やタバコ、お菓子を売る店

bon voyage!

イギリス旅行でよく使うサイト

・格安航空券ならHISのサプライス
・ホテル予約はエクスペディア
・イギリス現地ツアー
・海外Wi-Fi レンタルのイモト
・海外旅行費用無料一括見積もり比較!

タイトルとURLをコピーしました