イギリスのコンセント・ 旅行中のスマホやPCの充電はどうする?

イギリスのコンセントイギリス旅行

海外旅行の準備で忘れてはならないのが、スマホやデジカメ、PCなど日本から持って行く電子機器の渡航先での充電方法の確認。

イギリスのコンセントは日本とは形が違うので、日本の電化製品はそのまま使用することができません。イギリス用の変換プラグが必要です。

またイギリスと日本では電圧が異なるので、変換プラグがあっても現地で使用できない日本製品があります

持参した日本のヘアコテを使おうと電源を入れ、瞬間に壊した経験があります。(火花が散り焦げた)電圧を確認せずに

この記事は「イギリスでのスマホやPCの充電はどうしたらいいか」の疑問について

  • イギリスのコンセントの形と電圧
  • イギリスの変換プラグ
  • 注意点や必要なグッズについて

を説明します。

変換プラグとか電圧とか難しそうに聞こえますが、わかりやすくシンプルに書きます。

スポンサーリンク

イギリスのコンセント

イギリスのコンセント_プラグソケット

写真がイギリスの壁に付いている差し込み口です。

穴は3つ、ここに3本足のプラグを差し込みます。

横にはスイッチが付いています。使用しない時はプラグを差し込んだままの状態でこのスイッチをOFF状態にすればいいです。

ちなみに
イギリスでは壁についているこの差し込み口のことをプラグソケットと言います。

日本では「コンセント」と呼ばれていますが、現地で英語で「コンセント」と言っても通じないので注意しましょう。英語ではこの部分を

plug sockets (プラグソケット)
electric sockets(エレクトリック・ソケット)
・もしくは outlet (アウトレット)

英語でコンセントconsent は  動詞で「承諾・同意する」名詞で「同意・承諾」の意味だよ。

イギリスのプラグはBFタイプ

イギリスのプラグ(コードの先端についている部分)は、写真のように3極タイプ。

日本のプラグと違いしっかりした足が3本ついています。長い方の1本はアースの役割。

これは「BFタイプ」です
イギリス以外の国では香港がこのBFタイプ。

イギリスのコンセント(プラグ)

一方の日本は、Aタイプです

イギリスの変換プラグ (A→BF)

イギリスのプラグはBFタイプ、日本はAタイプ。なので、イギリスで日本の製品を使用するにはAからBFへの変換プラグが必要です。

イギリスのコンセント_プラグソケット2
イギリスのコンセント(ソケット)に
BFの変換プラグを差し込んだ状態

イギリスあるある
充電するためにコンセントに差し込んでも「あれ、充電されていない!」となること。このスイッチをONにし忘れてます。おかしいと思った時はまずはこのスイッチがOFFになっていなかったかを確認して下さいね。


このBFタイプの変換プラグは、日本の量販店やアマゾンなどのオンラインショップなどで購入できます。高いものではないので日本から準備していった方がいいですよ。

日本の空港でも購入できますが、価格は高めに。事前に買うことをオススメします。

旅行中はスマホやパソコンを夜寝ている間に一気に充電したい人も多いはず。なので、変換プラグは2つ以上あると便利。

ちなみに、ヨーロッパ(EU)はイギリスとはまた形が異なります。ヨーロッパは国によってB、C、SEなどのタイプに分かれます。

イギリスだけでなくヨーロッパ諸国を訪問する人は、BFタイプとは他にヨーロッパ⽤の変換プラグを⽤意する必要があります。

そんな場合は、

各国用のプラグを個別に購入するよりは、多くの国に対応できるマルチ変換プラグを1つ持っていた方が便利かもしれません。

世界150カ国以上対応の変換プラグがアマゾンなどで手頃な料金で入手できます。

これはUSBの口が4つ付いています。一晩でいくつも充電できて重宝しますね。

イギリスの電圧

大事なのが電圧

イギリスの電圧は220-240Vです。⽇本は100V。イギリスの方がかなり⾼圧です。

日本製の電気製品に100V-240Vに表⽰があれば、現地で変圧器がなくても使用が可能です。

スマホ、ノートパソコンなどの充電に変圧器は不要

mac アダプターの電圧
スマホの電源アダプタ
iphoneの電源アダプター

最近のスマホ、ipad、ノートパソコン、デジカメなどの電子機器は240ボルトに対応できているので、変換プラグがあれば変圧器は不要です。

上の画像は、iphoneの電源アダプターの裏の表示です。見にくくて申し訳ないですが、100-240Vと表示があります。

Appleユーザーならトラベルアダプタキットがオススメ

Appleワールドトラベルアダプタキット
日本のプラグを外して
Appleトラベルアダプタキット イギリス用
イギリス用のBFタイプを直につけるだけ

iPhoneiPadMacノートブックなどAppleのユーザーならワールドトラベルアダプタキットをオススメします。

数年前にAppleのワールドアダプタキットを購入しました。頻繁にイギリスとヨーロッパ数カ国を訪問するので重宝しています。

APPLE ワールドトラベルアダプタキット MD837AM/A

変圧器が必要なものは?

記載されているボルト数を確認し、現地の電圧に対応していなければ変圧器が必要です。例えば、アイロン、炊飯器や電子レンジなど。

アイロンや炊飯器は旅行には不要だけれど、もし日本製の電気製品をイギリスで使用するには変圧器が必要となります。

日本で用意することは可能ですがとても重たいし、価格も高いです。海外旅行で持参する人はまずいない。。長期の海外赴任や移住される方も、変圧器を持って行くよりも現地で製品を購入する方がいいです。

ヘアドライヤーやシェーバーは?

日本から持っていく製品の中で注意するのはヘアードライヤーや電気シェーバーでしょう。

  • ヘアドライヤー
    海外・国内対応の製品を出ているので頻繁に旅行する人は購入してもいいかもしれませんね。ただし、ヘアドライヤーほとんどのホテルの部屋についています。短期滞在ならこれで間に合わせたいですね、荷物が増えますし。ドライヤーが部屋にない場合はフロントで借りれます。リクエストしましょう。
  • 電気シェーバー
    最近は日本の電気シェーバーのほとんどが100V-240V対応のはずです。アダプターを確認してみてください。

変換プラグはイギリスでも購入可能?

日本から持って来るのを忘れた! という人も中にはいるはず。

変換プラグは現地のデパート、電気製品店、大手の薬局Boots(ブーツ) やWH Smith(ダブリュー・エイチ・スミスなどで購入できます。

変換プラグは英語でTravel adaptor と言います。

Japan to UK (A→BF type) で探して下さい。日本からの変換タイプは需要が少ないためお店に置いてない場合があるかもしれません。あと、価格は日本より高いです。

すぐお店に買いに走る前に
まずは滞在するホテルにダメ元でも聞いて見るといいですよ。プラグを差しっぱなしにしてチェックアウトする宿泊者は結構多いという話。。私なら聞いちゃいます。運が良ければ借りられることもあるかも。

海外WiFiをレンタルすれば変換プラグは不要?

短期滞在の方の場合は、現地用に海外のWiFiをレンタルする人が多いと思います。

レンタルの1式の中にはその国に対応する変換プラグが1つ付いてきます。行き先がイギリス、ヨーロッパであればマルチ変換プラグが付いてくるはず。

なので、WiFiレンタルする人は、現地で頻繁に幾つも充電をしないなら、別途変換プラグを用意する必要はないかもしれません。

無料で変換プラグが付いてくる海外モバイルWiFi 「イモトのWiFi」はオススメです。

現地で何か問題がある場合でも迅速にサポートしてくれます。以前勤務していた時に何度もお世話になりました。 

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

まとめ

  • イギリスのコンセント(プラグソケット)の形は違う
  • イギリスの変換プラグ BFタイプを用意する
  • イギリスの電圧は240V
  • 最近の携帯やパソコン、デジカメ等は変換プラグがあれば使用できる
  • 240Vに対応していない製品を使う場合は変圧器が必要

変換プラグも大事だけどケーブル類を持参するの忘れないようにね!

イギリス旅行でよく使うサイト

・格安航空券ならHISのサプライス
・ホテル予約はエクスペディア
・イギリス現地ツアー
・海外Wi-Fi レンタルのイモト
・海外旅行費用無料一括見積もり比較!