イギリス旅行に必要な持ち物は? 必需品と注意点をリストで確認しよう

手荷物か機内預け入れイギリス旅行

「イギリス旅行で必要なものは何ですか?」「イギリスに持って行った方がいいものを教えて」

この質問に答えるために、

イギリス旅行で用意すべき持ち物を、ロンドンと東京を頻繁に往復するえいみ〜がまとめました。

イギリス旅行の必需品

イギリス旅行に「絶対に必要な物」と「持って行った方が良いアイテム」に分けて、重要度順に表にしてみました。

●は必需品、◎は持って⾏くべき、〇はあったら便利

番号持ち物重要度
1パスポート
2航空券(e-チケット)
3クレジットカード
4現金/キャッシュカード
5緊急連絡先のメモ
6携帯電話
7海外用ポケットwifi
8変換プラグ
9必要なケープル
10モバイルバッテリー
11カメラ&予備バッテリー
12スーツケースのスクショ
(ロスバゲ対策)
13常備薬
14メガネ・サングラス・
コンタクレンズ(替え)
15靴・サンダル
16折りたたみ傘
17小銭入れ
18着替え(パジャマ不要 )
19爪切り・毛抜き
20コットン・化粧水
21生理用品
22携帯ウォシュレット

6大必需品

  • パスポート
  • 航空券
  • クジレットカード
  • 現金/キャッシュカード
  • 海外旅行保険控え
  • スマホ

    正直これだけあれば出発できてしまいます。 これ以外は到着後に現地でなんとか調達できるので。ただし、いくつか注意すべき点があります。

パスポートの「残存有効期間」

最も重要なのはパスポートですが、パスポートの残存有効期間は確認済みですか?

イギリス入国は6ヶ月以内の観光目的ならビザは不要です。

ただし、パスポートの残存期間が少ないとチェックイン時に問題になります。出国できなくなる事があります。

「出発日から日本に帰国する期間のパスポート有効期間があればいいんじゃない?」と思っていたら、それは勘違い。

国によって必要日数が異なりますが、どの国へ行くのも基本「残存有効期間は半年は必要」です。

えいみ〜
えいみ〜

以前BAからは「6ヶ月は必要」と言われたわ。

パスポートの更新は、有効期限が1年未満になって入れば更新できます。

海外旅行に行こうと思っているなら、なるべく早いタイミングで更新しましょう!

緊急連絡先のメモ

  • パスポートの写し
  • クレジットカードの詳細と緊急連絡先
  • 海外旅行保険の緊急連絡先
  • キャッシュカードの詳細
  • スマホ契約会社の連絡先(盗難・紛失時の通話停止の手続き)

  • 現地の日本大使館の連絡先
    在英日本大使館 
    Tel: 020-7465-6500  (イギリス国外からかける場合は 44-20-)
    住所: 101-104, Piccadilly, London, W1J 7JT
    注意


    スマホを紛失してしまったら元も子もないので、こういった重要な情報はクラウド上(icloudやDropboxなど)に保存しておきましょう!

クレジットカード

イギリスはキャッシュレスが進んでおり、ほぼほぼ現金を使わず旅行できます。

主流は VISAカードとMasterカード。


大抵のところで使えます。予備としてカードは2つ持っていると安心です。

ロンドンの地下鉄もバスも、クレジットカードかデビットカードをPasmoやSuicaの感覚で「ピッ!」とタッチで乗車できます。(ロンドンバスは現金は不可)

万が一盗難にあった場合現金は盗まれたら終わり。

その点、カードはカード会社に連絡をし使用をストップしてもらえばとりあえずは大丈夫。

Tips

旅行中に大きな買い物の予定がある人は、出発前にカード会社に旅行期間と渡航先、およその利用金額等を伝えると安心。

えいみ〜
えいみ〜

いつもVISAとAMEX。ほぼアメックス1枚で通したわ。


で、現金はいくら位必要?

現金が必要になるのは、小さな商店やマーケットでの買い物、有料トイレ、チップなど。

クレジットカードがあれば手持ち現金は£150程度あれば大丈夫だと思います。心配なら少し多めで。

現地のATMでキャッシュを引き出しても、現地で両替しても手数料に大差はないです。

必須アイテムのスマホ

みなさんは、フライトやホテルの予約情報、モバイルチケットなど旅の最重要情報をスマホに入れてますよね?

そのスマホが旅行中バッテリー切れ、充電できないなんていう状況になったら最悪です。  

そんな事態を避けるためには、変換プラグ充電⽤ACアダプターモバイルバッテリーは忘れてはならない必需品です。

変換プラグ
イギリスは3足のBFタイプ

オススメはこのマルチ変換プラグこれ1つで150カ国以上に対応できてしまいます。

イギリス旅行に持って⾏くべきアイテム

マストではないけれど、「これがないと現地で不便」を感じるという持ち物です。

海外用ポケットWifi

イギリスでもフリーWifiはカフェなどで利用できますが、これだけに頼るのは不安。

海外でもサクサク通信ができる海外WiFiを、出発までにレンタルすることをおすすめします。

海外行くなら!イモトのWiFi
なら出発当日に空港でピックアップして帰りも空港に戻すだけで、便利。

当日空港でPick-upできる

イモトのWiFi 公式サイトでみる

えいみ〜
えいみ〜

昔の勤務先で長く利用していたわ。問題が生じた時には日本からすぐ電話をくれて対応はとても良いです。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーの選び方

選び方は

  • 安全性
    安全基準を満たすPSEマークを取得しているか?
  • 機内に持ち込みできる容量か?
    モバイルバッテリーはリチウムイオン電池を内蔵しているため制限のある⼿荷物です。容量に関係なく預け⼊れ荷物(スーツケースなどチェックイン時に預ける荷物)に⼊れることはできません。

    必ず⼿荷物として機内持ち込みですが、その場合にもバッテリー容量や個数制限が設けられています持ち込みができるバッテリーの容量(mAh,Wh)は各航空会社によって異なります。

    ※出発前にご利用の航空会社のサイトで各自確認することをおすすめします。
    全日空
    日本航空/ 制限のあるお手荷物
    英国空港 – 禁止・制限品目/バッテリー、電気および電子機器

    100Wh27027mAh 以下のものを選べば問題はないはず。160Wh(=43243mAh)を超えると持ち込み禁止になる場合がほとんど。

  • その他
    充電できる回数、サイズと重さ、USBポートの数などを考慮して選ぶ。

    圧倒的に人気なモバイルバッテリーは Anker PowerCore
    クレカほどの大きさに重さは卵3つ分(約180g)。アマゾンのレビューでは “日本で4期連続で【バッテリー・充電器】部門ベストセラー1位、世界各国で3000万台以上を販売しているロングセラー製品” !

スーツケース

サイズの目安は1泊あたり10L。1週間〜10日の旅行なら70〜90L。

スーツケースは重いと移動が大変。一人で持ち上げられない荷物では旅行しないのが懸命です。

購入する場合はサイズをよく考えましょう。

ルーシー
ルーシー

スーツケースはレンタルでもいいんじゃない?

スーツケースは収納に場所を取ります。めったに旅行はしない人は、スーツケースをその都度借りるという選択肢も十分あり。

最近のレンタルはおしゃれで選択肢も豊富。往復の送料無料のサービスもあります。

スーツケースレンタルなら【アールワイレンタル】

Advice

スーツケースのスクショを撮る。
私は毎回チェックイン前にスーツケースの写真を撮ります。ロスバゲの経験はないですが、万が一荷物が紛失した場合に備え航空会社に見せるためものです。

常備薬

海外旅行では体調を崩してしまった場合を考え、普段から服用している常備薬は必需品。

現地の薬局でももちろん薬は買えますが、どれを選んでいいのよく分からない。

アレルギーがある人は忘れないように。

えいみ〜
えいみ〜

私はアレルギーの薬、ハンドクリーム。イギリスは水が硬いので手が荒れ気味になるの

サンダル

意外に重宝するのがビーサンです。

日本のホテルでもらうような布製のサンダル、あれは薄くて歩きにくい上、濡れたら乾かすのが面倒。

イギリスのホテルやフラットではバスルームは通常シャワーとトイレ。シャワー使用後に床が濡れることが多いです。

ビーチサンダルが一番!(フライト中もホテルの部屋でも私はビーサン愛用者)

ルーシー
ルーシー

急きょビーチへ行くことになってもいいね!

小銭入れ(盗難防止用)

普段はおしゃれな長財布を使っている人でも、海外旅行中は盗難防止のために小さい小銭入れに少しの現金を入れて行動しましょう。

海外旅行では余分な現金は持ち歩かない。

現金全てを1つの財布に入れない、必ず分散する が鉄則!

海外旅行用のお財布
このタイプのお財布だとチェーンつけて持ち歩ける安心感があります。

折りたたみ傘

イギリスの天気はとっても不安定で予想不可能。晴れたり急に雨が降ったりと一日の中でもクルクルと天気が変わります。

雨量は多くはないものの、しょっちゅう小雨が降るので、折りたたみ傘は常に持ち歩きたい。

“全世界で一番軽い”折りたたみ傘

イギリスであったらいいなアイテム

トイレタリー

爪切り・毛抜き
1週間も旅をしていると爪も伸びてきます。日本のような繊細で優れた爪切り・毛抜きをイギリスで入手するには難しい。

日々顔の手入れに使っているアイテムはパッキングしましょう。

化粧水・コットン
現地で化粧水が切れたら購入するのは難しい。(イギリス人女性は化粧水を使わないようです)

コットンは日本のようなフラットで質の良いものは入手できません。

生理用品
日本のような繊細で高品質なものは望めません。タンポンも含め確実に日本から持っていった方がいいです。

衣類

スリや盗難対策
イギリスではすぐに観光客とわかる服装は避けましょう。日本人は狙われやすい。

現地の人には日本人は服装や持ち物、歩き方、顔の表情からすぐにわかるらしいです。

えいみ〜
えいみ〜

現地で聞いたら、他のアジア人との違いは「日本人は表情や眼差しが優しいから」だそう。

 

なので、観光中はブランド物や宝石類を身につけない、お金を持っていない人に見せることが大事。カジュアルな普段着にスニーカーで歩き回るのが一番。

TIPS

海外旅行にパジャマは不要。荷物が増えるだけ。着古したTシャツと短パンなどを持参し、帰国する前に捨てれば荷物も減る。バックパッカー式。帰りはお土産で荷物が増えるのでこれもありです。

えいみ〜
えいみ〜

イギリスは日本みたいにどこもきれいではないです。(笑)「そのおしゃれな服は本当にいる?」よく考えてパッキングしてね!

イギリス旅行持ち物のまとめ

旅慣れた人ほど荷物は少ない。

大きなスーツケースをゴロゴロと転がしながら歩いている旅行者は見た目も格好いいとは言えません。

荷物が大きいと移動が面倒、守るものが増えて不安も増すだけ。荷物はなるべく最低限にする努力をしたいですね。

ルーシー
ルーシー

荷物は自分で持ち上げて運べる重さでないとね。

えいみ〜
えいみ〜

当日は忘れ物のないように!

イギリス旅行でよく使うサイト

・格安航空券ならHISのサプライス
・ホテル予約はエクスペディア
・イギリス現地ツアーはベルトラ
・海外Wi-Fi レンタルのイモト
・海外旅行費用無料一括見積もり比較!