イギリス英語とは? 特徴と魅力、アメリカ英語との違いを紹介!

イギリス英語の特徴英語学習

イギリス人の元夫はアメリカに住んでいたとき「イギリス英語がステキ!」とめちゃくちゃ褒められたと言っていました。

イギリスのラブコメ映画『ラブアクチュアリー』でコリンが女性にモテるためにアメリカに旅立つシーンがありますが、イギリス英語がアメリカでモテるというのは間違いないです。

イギリス英語、響きがきれいですものね。

では、アメリカ英語とイギリス英語はどう違うのでしょう? 

イギリス英語に馴染みのない人に向け、イギリス英語の特徴とアメリカ英語との違いを紹介します。

スポンサーリンク

イギリス英語 vs アメリカ英語 主流はどっち?

日本の学校で習うのはアメリカ英語、いわゆる北米で話されている “米語”。

アメリカ英語は日本では主流ですが、世界レベルでは実はイギリス英語の方が広く用いられています。

アメリカ英語を話す国は、
アメリカ、カナダ、フィリピン、メキシコ、南米諸国、韓国、日本など。

使用人口を単純に比較するとアメリカ英語の方が多いですが、国の数で言えば多いのはイギリス英語。

ヨーロッパは基本的にはイギリス英語だし、かつて支配していたオーストラリアやニュージランドも基本はイギリス英語です。

実際、世界会議では主にフォーマルなイギリス英語が使用されています。

イギリス英語とアメリカ英語 違いは?

日本では特に意識して「アメリカ英語」を使っている人は少ない気がします。

アメリカ英語とイギリス英語の違いは学校では教わらないし、実際アメリカ英語とイギリス英語の違いを知る人はあまりいません。

文法的にはイギリス英語とアメリカ英語の違いはあまりありません。基本は同じ。

大きな違いは発音とアクセント、そして単語です。また、同じ単語でもスペリングが異なる語も結構あります。

イギリス英語は丁寧、フォーマルなのに比べて、アメリカ英語はカジュアルで省略も多い。アメリカではより直接的な言い方をします。

アメリカ人は比較的口を大きく開けて話します。一方、イギリス人は口をあまり開けず声のボリュームも低めです。

イギリス英語とアメリカ英語 どちらを学んだ方がいい?

イギリス英語

イギリス英語とアメリカ英語のどちらの英語がいい、ということはありません。

単純に「どちらが好きか、興味があるか」で決めればいいと思います。

今後アメリカとヨーロッパ圏どちらの人々と多く関わって行くか、自分の目標や将来目指すものがイギリスと関係が多そうであればイギリス英語に慣れた方がいいし、アメリカの音楽、文化が大好き好きならアメリカ英語、という感じです。

学習のしやすさという点から言えば、日本人に馴染みのあるアメリカ英語の方が勉強しやすいとは思います。教材も多いし、日本でも触れる機会が多いですから。

イギリス英語とは? その特徴

イギリス英語の特徴は何と言ってもその発音。

イギリス英語に憧れる人の多くは、そのきれいな発音に魅了されるのではないでしょうか。

発音・アクセント・イントネーション

イギリスには階級や人種、地域によってさまざまな発音・アクセントの違いがあります。階級によって使う単語も違います。

イギリス人は発音やアクセントでその人の階級をある程度判断しています。そのためか、彼らは自分の出身地や学校について積極的には話したがりません。

いまだに階級意識が強く残っていて少し話せばお里が知れるからでしょう。

娘の元カレはウィンチェスターというイートン校に次ぐ名門で学んだイギリスのお坊ちゃん。大学で付き合い始めた頃、オーストラリアのボーディング・スクールで小学校、中学の数年を過ごした娘の使う単語についていくつか指摘したようです。

例えば「カウチ」。イギリスのアッパーは「ソファー(sofa)」トイレは「ルー (loo)」を使うなど。OGが好きだった彼女はかなり憤慨してた様子。

このようにイギリスでは発音・アクセント・使う単語と階級が密接に結びついています。

地域の違いでは、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、北イギリス、バーミングなどの中部、ロンドンのコクニーなど、アクセントやイントネーションもいろいろ。

スコットランドは訛りが強くゆっくり話してもらっても聞き取れないことあります(笑)。リバプールなどの北イギリスの訛りも結構なもの。bus (バス)が(ブス)になります!

標準イギリス英語とされるのは”クイーンズ・イングリッシュ”。BBCで話される英語と思っていいです。

イギリス英語を身に付けようという人はBBCを模範にするといいです。

無料アプリBBC のEnglish Learning Englishを聞くのもおすすめします。

イギリス英語学習者にはうれしい

BBCドキュメンタリーが多い

U-NEXT 公式サイト

イギリス英語とアメリカ英語 単語とスペリングの違い

単語の違い
とてもたくさんあります。

よく使う単語をほんのいくつか紹介します。

 イギリス英語アメリカ英語
エレベーターliftelevator
サッカーfootballsoccer
ガソリンスタンドpetrol stationgas station

意味を分かりやすく説明するアメリカ英語

 イギリス英語アメリカ英語
メガネglasseseyeglasses
乗馬horse ridinghorseback riding
ゴミ箱binwaste paper basket

わざわざ 「馬の背中 (horseback)」「紙くず(waste paper)」と言ってしまうところが面白いですね!

イギリスの人気コメディアン Michael McIntyre(マイケル・マッキンタイア)が以前TV番組でアメリカの単語について面白おかしく喋っていました。

※ちなみにメガネはレンズが2つあるので  a pair of glasses となりますね。

スペリングの違い
代表的なもの

 イギリス英語アメリカ英語
中心(センター)centrecenter
劇場・映画館theatretheater

最後の er は reとなる。

イギリス英語とアメリカ英語 文法の違い

英語学習

特徴的な違いは have の使い方

「持つ」の意味の have
イギリスでは have got を使います。

  • 「辞書を持ってる」
    I have got a dictionary.
    (口語では I’ve got a dictionary)
  • 疑問文は
    Have you got a dictionary?
ある時、数人の生徒さんにこのhave got を教えて何回か後に「どうしても違和感があって使えない」と言われました。それ以来「イギリスではこうゆうよ」にとどめています。

” have + 目的語 ” で習っている日本人にとって、この have gotは慣れるの時間がかかるかもしれません。

助動詞の使い方にもいくつか違いがあります。


現在完了形

一般的にイギリス人は現在完了よく使う傾向があります。

例えば
「朝食食べた?」と聞くときに

イギリス流なら
 Have you had breakfast?

単純過去形のDid you have breakfast? より現在完了形を使う頻度が高い。

単純過去形と現在完了形の違いは、発話者がどこにポイントを置くかに違いがあります。Have you had breakfast? なら「食べたか食べなかったか」にポイントがあります。「いつ食べたか」は聞き手にとっては重要ではないんです(現在完了では時間や曜日など表す語を使わない)

イギリス的な言い方・皮肉

イギリス人は何事にも控え目でときに皮肉的な表現をします。

全て言葉通りに受け取らない方がいいときもあります。

例えば、イギリス人が  “Not bad”  といったらそれは  “good” もしくは “quite good” の意味となったり、 

逆に  “Quite good” や “It was interesting”  = 「あまりよくない」を意味することもあります。

慣れないとイギリス人の本音はすぐに分からないですよね。

でも、一般的にイギリス人はアメリカ人のようにストレートに感情や意見を口にするのではなく、遠回しや皮肉的に表現することがよくある、ということを覚えておいたらいいと思います。

まとめ

本記事では、イギリス英語の特徴と魅力、アメリカ英語との違いをざっくりと紹介しました。

こうしてみると、イギリス英語は学校で習った英語とは細かな違いがかなりありますね。

イギリス英語派は日本ではまだまだマイナーかもしれません。

でも上品で美しいとイギリス英語、正統派ブリティッシュ・イングリッシュを身につけるメリットは確かにあります。

初めは違和感を感じたりイギリス特有の発音がなかなか聞き取れないこともあるかと思います。

普段からBBCラジオやテレビドラマや映画でたくさんのイギリス英語のシャワーを浴びることによって次第に馴染んでくるはずです。

月間500円のアマゾンのプライム会員で観れるイギリスのドラマと映画
「ダウントンアビー」「ミストレス」「スブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」「英国王のスピーチ」などなど
アマゾン公式サイト

タイトルとURLをコピーしました