楽天マガジン読み放題月額380円 31日間は0円! >>

イギリス英語の特徴とは? アメリカ英語との違いを紹介!

イギリス英語とアメリカ映画の違い英語学習

イギリスのラブコメ映画『ラブアクチュアリー』に出てくる冴えないイギリス人男性のコリン。

「アメリカではイギリス英語を話す男性はモテる」と信じアメリカへ旅立ちます。

えいみ〜
えいみ〜

イギリス人の元夫も以前住んだアメリカで「イギリス英語がステキ」とよく褒められたらしい。


美しいイギリス英語は多くの人を魅了しますが、イギリス英語って日本ではあまり馴染みがありませんね。

英語といえば「アメリカ英語」や「どこでも同じ英語でしょ?」と思う人が多いかもしれません。

でも実は、世界で主に使われているのはイギリス英語

イギリス英語に興味がある人だけなく、アメリカ英語を話す人にとってもイギリス英語との違いについて知っておくことは大切です。

この記事は、イギリス英語の特徴を、アメリカ英語と比較しながら詳しく説明します。

スポンサーリンク

イギリス英語・アメリカ英語を話す国と人口

日本では学校の教科書や参考書、テレビドラマや映画で日頃よく耳にする英語の多くはアメリカ英語です。

でも、世界レベルで見ると実はイギリス英語の方が広く用いられているんです

アメリカ英語を話す国
アメリカ・カナダ・フィリピン・メキシコ・南米諸国・韓国・日本など
イギリス英語を話す国

  • アイルランド・ヨーロッパ大陸
  • オーストラリア・ニュージランド
  • 南アフリカをはじめナミビア・タンザニア・モザンビークなど英語を話すアフリカ国
  • 香港・マレーシア・シンガポール・インドなど

かつてイギリスが支配していた国々ではスタンダードはイギリス英語

英語を使用する人口は単純に比較するとアメリカ英語の方が多い。一方で、話されている国の数で言えば多いのはイギリス英語

ヨーロッパでは学校で習う英語はイギリス英語だし、世界各国の代表が集まる世界会議ではフォーマルなイギリス英語が使用されています。

イギリス人と話せるオンライン英会話

イギリス英語の発音・アクセント

イギリスには階級や人種、地域によってさまざまな発音・アクセントの違いがあります。

いまだに階級意識が残っていて、発音やアクセントでその人の階級や教育がある程度判断されます。階級によって使う単語も違います。

そのためか、イギリス人は他人に自分の出身地や学校について積極的には話したがりません。

えいみ〜
えいみ〜

「出身は少し話せばすぐわかる」と知人のイギリス人が言っていました。

イギリス英語の発音 RPとは

RPという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

RP (Received Pronunciation) 

イギリス英語の標準発音のこと。王室や貴族、BBCやイギリス南部の教養のある人々の比較的はっきりとした発音を指す。RPを日常的に話す人はイギリス全土の2~3%と言われています。

RPといっても女王や一部の貴族の人たちが話すような伝統的なRPと、モダンRPとがあります。

イギリス英語RPの変化についての良書

地域差が大きく、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、北イギリス、バーミングなどの中部、ロンドンのコクニーなどでは発音やアクセントが全く違います。

どの地域の発音を学んだらいいかは、その人の好みの問題になります。

外国人がイギリス英語を身につけようと思ったら、聞き取りやすいRP英語をお手本にすることをおすすめします。

can’t の発音

イギリスの発音(RPの発音)は多くの点でアメリカ英語の発音とは異なっています。

イギリス英語の発音ですぐに気がつくのは can’t  の発音ではないでしょうか。

I can’t hear from here.
「ここからでは聞こえない」

can’t は  “
キャント”ではなく”カーント”と発音されます。

a の音はイギリスでは普通に “ア”です。

tomato「トマト」
アメリカでは”トメィトー”  が イギリスで”トメート” 

Rの発音

イギリス英語とアメリカ英語の発音の大きな違いが R 。

イギリスでは Rの音が弱く、アメリカ、カナダなどで発音されるRはイギリス英語では発音されません。

Rを発音しないとき

  • Rが真ん中にくるとき
    bark・farm・garden・mark・more・normal・park・work

  • -er / -orで終わるとき
    water・baker・banker・doctor・former・mother・door

アメリカ英語のように巻き舌はしません。

イギリス英語の発音はBBC Learning Englishの発音プログラムや、YouTube動画で勉強できます。

Rの発音はYouTubeのチャンネル登録者数 77万人のGill先生の説明がわかりやすい。
How to pronounce ‘R’ in British English 

参照記事 
イギリス英語を身につけるなら絶対観るべきYoutube 7選!

Tの発音の違い

Tの発音もイギリス英語の特徴の1つ。

イギリスではTはしっかり発音します。

water, letter, better

よく発音の違いが分かるのは 
 water 「水」

アメリカでは”ウォーラー”  が イギリスでは普通に”ウォーター” 

日本人にはイギリス風のRの発音は簡単ですね。

イギリス英語とアメリカ英語 単語とスペリングの違い

イギリス英語とアメリカ英語、単語自体が違うもの、同じ単語でも意味が異なるもの、スペリングが違う単語があります。

単語自体が違う表現

イギリスとアメリカでは使う単語自体が違うものがとてもたくさんあります。

よく使う単語をほんのいくつかですが紹介します。

 イギリス英語アメリカ英語
エレベーターliftelevator
サッカーfootballsoccer
ガソリンスタンドpetrol stationgas station
地下鉄undergroundsubway
映画filmmovie
tincan
アパートflatapartment
sweetscandy
queueline

意味を分かりやすく説明するアメリカ英語

 イギリス英語アメリカ英語
メガネglasseseyeglasses
乗馬horse ridinghorseback riding
ゴミ箱binwaste paper basket

わざわざ 「馬の背中 (horseback)」「紙くず(waste paper)」と言ってしまうところが面白いですね。

※ちなみにメガネはレンズが2つあるので  a pair of glasses となりますね。

スペリングが違う単語

スペリングの違う代表的なもの

 イギリス英語アメリカ英語
中心(センター)centrecenter
劇場・映画館theatretheater
colourcolor
お気に入りのfavouritefavorite
旅行travellingtraveling
カタログcataloguecatalog
謝るapologizeapologise

-er (米) は -re(英)
-or -er (米) は -re(英)
-ize (米) は -ise (英)
など

イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い

英語学習

アメリカ英語とイギリス英語の文法の主な違いをいくつか紹介します。

have got

イギリス英語の文法的な違いの1つは

「持つ」を意味する have の使い方です。

イギリスでは口語的に「持っている」というときには  have got を使います。

  • 「辞書を持ってる」
    I have got a dictionary.
    短縮してI’ve got a dictionary 

  • 「辞書を持っている?」
    Have you got a dictionary?
    アメリカではDo you have a dictionary?がイギリスでは疑問文は have you got  ?

    答え方も
    Yes, I have. 
    No, I haven’t.  
    です。

※ have 以下が、食事や飲み物のとき、「体験する・過ごす」の意味で用いられる時には have got は用いられません。

  • I had lunch.  
  • She is having lunch.
  • We had a lovely party. 
  • Have a good weekend
    など
「 have gotは違和感があって使えない」という生徒さんがいました。

アメリカ英語で学んだ日本人にはこの have got に慣れるには時間がかかるかもしれません。

無理に変える必要はありません。

get の過去分詞

イギリス英語は getの活用にも違いがあります。

  • アメリカ英語  get-got-gotten
  • イギリス英語  get-got-got

過去分詞 gottenはイギリスでは昔は使われていたそうですが、今はほぼ使われません。

現在完了形の使い方

イギリス人は現在完了が好き。

例えば

「朝食食べた?」と聞くときにイギリス流なら

  •  Have you had breakfast?

です。

単純過去形 Did you have breakfast? より現在完了形を使う頻度が高い。

単純過去形と現在完了形の違いは、発話者がどこにポイントを置くかに違いがあります。

Have you had breakfast? ならポイントは「食べたか食べなかったか」。「いつ食べたか」は聞き手にとっては重要ではない

イギリス的な言い方・皮肉

最後は、英国風な言い方について。

何事にも控え目なイギリス人は、直接的な表現は避ける、回りくどい表現をする傾向にあります。

大声で不満を述べたり抗議するよりは平静をよそおって皮肉った言い回しをするのがイギリス風。

皮肉やユーモアはイギリスの文化。

ロンドンでタクシー運転手が道に迷い何度も同じ道を行ったり来たり。結局近くで降ろしてもらったことがありました。支払う際に一緒にいた彼が運転手に「周辺のツアー楽しかったよ、ありがとう」

こんなのは可愛いほうですが、皮肉や気の利いたジョークがパッとでるイギリス人にはいつも関心します。


全て言葉通りに受け取らない方がいいのもイギリス。

イギリス人が  “Not bad”  といったらそれは  “good” の意味。

逆に  “Quite good” や “It was interesting”  = 「あまりよくない」を意味することもあります。

慣れてくるとだんだんと分かるようになりますが、とりあえずは

イギリス人はアメリカ人のようにストレートに感情や意見を口にするのではなく、遠回しや皮肉的に表現することがよくある、ということを覚えておくといいかと思います。

えいみ〜
えいみ〜

イギリスのコメディを観るといいですよ!

イギリス英語とアメリカ英語 どちらを学んだ方がいい?

イギリス英語はアメリカ英語とは細かな部分でかなりの違いがかなりあるということをお分かりいただけたと思います。

では「アメリカ英語とイギリス英語のどちらを習得したらいいの?

こんな疑問を持つ人がいるかもしれません。

どちらを選択するかは「英語を学ぶ目的」「将来どうしたいか」で決めることをおすすめします。

たとえば、

  • 将来目指すものがアメリカとイギリス(ヨーロッパ圏)どちらとより深く関わり合いがあるか
  • 自分が働きたい企業がイギリスならイギリス英語
  • 単純にイギリスの音楽や歴史が好きならイギリス英語を身につける。

  • アメリカへ留学したいならアメリカ英語を学ぶ、です。


とはいえ、学習のしやすさという点から言えば、日本人に馴染みのあるアメリカ英語の方が勉強しやすいとは思います。

日本で触れる機会が圧倒的に多いのがアメリカ英語、教材の多くがアメリカ英語ですから。

えいみ〜
えいみ〜

自分が好きなほうで。。

まとめ

本記事では、イギリス英語の発音、単語、文法をアメリカ英語との違いから紹介しました。

美しい発音、世界会議で使用されているフォーマル・丁寧なイギリス英語は多くの国で人気。

イギリス特有の発音やイントネーションに慣れるには少し時間がかかるかもしれませんが、イギリス英語を身につけるにはとにかく「たくさん聴く」こと。

BBCニュース、イギリスのTVドラマや映画で、イギリス人が日常的に話す英語のシャワーをたくさん浴びましょう。

楽しみながらイギリス英語が次第に馴染んでくるはずです。

タイトルとURLをコピーしました